記憶に刻みこむために

自分の本棚に、気になる本がありました。 InDesign 標準ガイドブック。 ソフト購入と同じ時期に買ったのでした。 Photoshopはがんがん使っているし、Illustratorはたまに使っているけど、InDesignだけは出番がなくて、本もまったく使う機会がないままでした。いろいろ使うつもりでいたのに、環境も変わってしまったしね…。 …って、あれ? ふせんが…

続きを読む

『三四郎』を読んでみた

4月16日に書いたように、『三四郎』を読んだことがないのです。 それならば、この機会に読みましょう。 というわけで、青空文庫を探しました。青空文庫というのは… 青空文庫は、誰にでもアクセスできる自由な電子本を、図書館のようにインターネット上に集めようとする活動です。  著作権の消滅した作品と、「自由に読んでもらってかまわない」とされたものを、テキストとXHTML(一部はHTM…

続きを読む

『Roses』

いつからこの洋書が手元にあるのか思い出せないけれど、刊行された1997年の年末にはもうあったような気がする…。 'Roses: Inspirations for Natural Gifts, Country Crafts and Decorative Displays' この本は、1冊まるごと、バラを楽しみつくしましょう♪という趣旨のイギリスで刊行された本です。開いて飾る本という…

続きを読む

8月15日だったから

知人が「すごく面白いから♪」と、『夏のあらし』という漫画を貸してくれました。 面白いというのは「がはははっ!」と笑えるおかしさではなく、しみじみと考えさせられる力作ということなんです。 表紙は学園ラブコメみたいにもみえますが、根幹は戦争を題材にした物語。戦時中に女学生だった「あらしさん」が幽体のまま現代にあり続け、現代人のパートナーと共に過去にタイムトリップするお話です。 …

続きを読む

『アイガー北壁』

今日はガーデニングとは関係のない話です。 アイガー北壁 [DVD] 以前から勧められていた、DVD『アイガー北壁』を見まして、すごかったから誰かに伝えたくてー! この物語の時代はナチス政権下、ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年夏。舞台は、スイスを代表する山の1つで、「殺人の壁」とも呼ばれる前人未到のアイガーの北壁。その初登頂を目指す男たちの物語で、実話が元になっています…

続きを読む


ベルメゾンネット