重曹がウドンコ病に効く?!〔後編〕


[注意]
この記事は、理化学研究所に事前に転載申請をし、許可を受けたうえで書いています。二次転載を固く禁じます。


[追記] 2012/9/8 記事中に農林水産省の資料を追加。


前編をお読みになっていない方は、ぜひ前編からご覧くださいね。


■重曹は薬害が出るものだった

私の疑問を要約すると、
 ・重曹がなぜウドンコ病に効くのか
 ・重曹水はなぜ薬害が出るのか
ということです。

素人の私でも理解できるように、明快に答えてくれる記述をようやく見つけることができました。

「ミカンから抽出した苦み成分の抗菌効果を調べるために、重曹を混ぜて溶かしました。すると苦み成分の方ではなく、重曹に高い抗菌効果があることが分かりました。これが今の研究につながる最初のきっかけです」

 

有本 裕「安全な農薬で食糧問題に貢献する」『理研ニュース』April 2006(No.298) より引用



出典は以下同じ。

重曹には抗菌効果があったんですね!
しかも、その発見から、薬が開発されていたのです。

有本研究ユニットリーダーらは重曹を主成分にした薬剤を開発し、1982年に農薬登録の認可を得た。しかし、ここからが苦難の始まりだった。この農薬は、果樹や野菜の主要な病気である、うどんこ病の防除に高い効果を示したが、薬害も発生してしまったのだ。「乾燥した温室で作物に散布すると、水分が蒸発して重曹の結晶ができます。その結晶が夜露(よつゆ)に溶けて大変濃い溶液となり、作物に被害を与えたのです」

 

有本 裕「安全な農薬で食糧問題に貢献する」『理研ニュース』April 2006(No.298) より引用



そう。葉に残る白い粉は重曹水が結晶化したもので、見栄えが悪いだけでなく、薬害の原因にもなっていたのです。
原因がわかって、スッキリしました。
では、この結晶をどうすればいいのか。
有本氏らは、結晶化を抑えて薬害を防ぐ研究をしたのです。

結晶化を抑えて薬害を防ごうと、重曹や重カリに、500~600種類の薬品と混ぜる実験を繰り返したものの、そう簡単には解決策が見つからなかったそうです。

重カリ(炭酸水素カリウム)は重曹(炭酸水素ナトリウム)と似た性質のもので、同じ防除効果があるとか。重カリは欧米では食品添加物として使われ、日本でも、医薬品や肥料などに使われているそうです。重カリも、重曹同様口に入れられる物なのです。

研究チームが4年の年月をかけて試行錯誤したことを、ド素人の私が簡単に「なぜ?」「どうすればいい?」なんて考えても、そう簡単に答えが出るものではなかったんです。

浅はかだったなと思うと同時に、研究者と素人が同じ問題点にたどり着いたことが面白くもありました。

その薬害を防ぐ技術がどういうものであったかについては、ぜひ引用元のページをお読みください。

■食用の材料から開発された薬

カリグリーンこうして誕生した薬剤が、「カリグリーン」(東亞合成株式会社)です。
この農薬は、肥料としても働き、植物の耐病性を高め、治療効果もあるそうです。
カリグリーンは、米国カリフォルニア州の“オーガニックワイン”用ブドウ栽培の9割以上に使われているとか。
カリグリーンを使っても、オーガニックと認められているのですね。


「カリグリーンの発売後、素晴らしい効果を持つ2種類の化学農薬が発売されましたが、どちらも数年で耐性菌が出現して効かなくなりました。1993年にカリグリーンが発売されてから約13年になりますが、耐性問題は報告されていません」

 

有本 裕「安全な農薬で食糧問題に貢献する」『理研ニュース』April 2006(No.298) より引用



耐性がつかないのは、ありがたいですね。

食品や食品添加物として長年使われてきたものを防除に用いるというコンセプトをSaFE(セーフ)(Safe and Friendly to Environment)と名付け、新しい農薬の開発が進められており、その成果の一つがカリグリーンなのだそうです。

このSaFEという考え方は、小さな空間で小さなガーデニングをしている私にとって、受け入れやすい考え方です。私が「砂糖水」や「重曹水」を試してみた理由は、口に入れられる材料だという点にあったのですから。
そういう発想で作られている薬剤もあったのですね。

この記事を読むと、短絡的にすべての農薬が危険であると決め付ける必要がないと思えてきます。

むしろ素人判断で希釈した水溶液は、成分が不安定です。特に私の場合は水溶液を作る量が少ないだけに、希釈濃度も作るたびに均一にはならないでしょうし、攪拌も十分でないでしょう。粒子レベルで判断していませんし。

堆肥作りに関しても、同様の指摘がありますね。

手軽さと不確かさを天秤に掛けてどちらを取るかは、その人次第でいいと思います。

これを読んだあなたが、「それでも薬剤を混ぜている物だから、農薬は一切お断り」という結論でも、「安くて手軽なのが一番だから、自分で重曹水を作るよ」という結論でも、一向に構いません。

■私の判断

私なりの結論としては…
 ・重曹水はウドンコ病に効果があるが、薬害も出る
 ・自家製重曹水は、希釈液の濃度を一定に保つのが困難
 ・重曹水散布後の結晶は薬害の元になるので、洗い流す必要がある
 ・薬害を避け、安定した効果を得るには、「カリグリーン」を使ってみよう

私は、ウドンコ病が広範囲に発生したときには(といっても、たかだか小さな鉢が10鉢程度ですけど^^)、カリグリーンを試してみようと思います。

ミニバラで見栄えが悪くなるのは、ご勘弁。黒く変色した葉は、見ていて悲しいですし、黒点病を思い起こさせギョッとしてしまいます。小さな異変も、株全体が小さいから目立つのです。果菜の葉だったら、あるいはバラはバラでも大きなバラだったら、多少黒くなっても気にしないかもしれないとは思うんですけどね。

実は、今回の実験で、ミストラルの蕾を1個ダメにしちゃいました。蕾にはかけていないつもりだったのですが…。真っ黒に変色してしまった蕾を見て、こんなギャンブルは止めたほうがいいんじゃないかなと思ったのでした。なにせ、ウドンコ病の被害に真っ先に合うのは、柔らかい新芽と蕾の茎です。そこに使えないのでは、常用できませんからね。


※ 追記 ※
畑人さんからのコメントにあった農林水産省の資料を参考までに追加します。重曹が「カボチャ、キュウリ、スイカ、メロン、ナス、ピーマン、イチゴ、トマト、バラのうどんこ病」に効くと記されています。

-------------------  引用ここから  ----------------------

特定防除資材(特定農薬)として指定された資材に関連する情報提供について

特定防除資材は、原材料に照らし農作物等、人畜及び水産動植物に対し害を及ぼすおそれがないことが明らかなものとして指定されたものですが、たとえ食品であっても大量に摂取したり目に入れたり、環境中に散布しても全く問題がないわけではありませんし、全ての特定防除資材があらゆる濃度や使用量であらゆる病害虫に使用して効果があるわけではありません。

このため、以下のとおり、特定防除資材を使用する方などのために、資材ごとに、殺虫、殺菌等の効果が確認された使用方法などの情報を提供します(天敵などは除く)。使用の際の参考としてご覧下さい。

現在、特定防除資材として指定されている以下の資材については、農薬登録が過去にあったか、現にあるものであり、その使用方法を記述しています。ただし「同様の有効成分を持つ登録農薬」で薬効が認められたものであっても、特定防除資材では登録農薬と同様の薬効が確認されたわけではないことにご注意下さい。

なお、安全性の高い特定防除資材であっても目や口に入らないよう注意が必要であることはいうまでもありません。


種類薬効が認められる
対象病害虫
参考となる使用方法

殺菌剤
(散布用)
・イチゴ、トマト、バラの灰色かび病
・カボチャ、キュウリ、スイカ、メロン、ナス、ピーマン、イチゴ、トマト、バラのうどんこ病
・重曹濃度0.1%程度に薄めたものを10アール当たり100~500リットル散布。
(登録のある炭酸水素ナトリウム剤の使用方法を参考に記載)

殺菌剤
(種子消毒用)
・イネの
もみ枯細菌病
ばか苗病
ごま葉枯病
(酢酸液剤として薬効を確認)
・酢酸濃度0.1~0.25%のものに24時間もみを浸漬。
(過去に登録のあった酢酸液剤の使用方法を参考に記載)

【問い合わせ先】
消費・安全局農産安全管理課農薬対策室
ダイヤルイン:03-3501-3965


-------------------  引用ここまで  ----------------------

そしてもう一つ畑人さんからいただいた重要な指摘。
希釈倍率 1,000倍。
濃すぎると害になりますから、希釈倍率はきっちり守っていきましょう。


[参考にした記事]
[参考リンク]
[関連記事]

"重曹がウドンコ病に効く?!〔後編〕 " へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ