オクラに付いてる水滴のような粒

オクラに水滴みたいな粒が付くんですオクラにはアブラムシが付きやすいという話なので、葉裏をマメにチェックしています。

前から気になっていたんですけど、葉の裏に透明で直径1mmの真ん丸い粒が付いてるんですよね。茎にも付くようになりました。

写真だと露のようでしょ?
水滴ではなくて、固形なんです。指で弾くと、コロンと飛んでいきます。
何なんだろう、これ?

わからないことに出会ったら、ネットで検索!

オクラの葉や茎についている水滴はオクラから分泌された水溶性の食物繊維でたんぱく質を分解する酵素を多く含んだ樹液で「ムチン」だろうと思います。
これに触るとかゆみが出たりします。
ムチンは粘性物質でたんぱく質と多糖類であるガラクタンやマンナンなどが結合したものでオクラ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、あしたば、さといも、長いも、いちょういも、つくねいも、なめこ、納豆、うなぎ等のヌルヌルした食べ物全般に多く含まれています。
ムチンは消化管などの粘膜にくっつき表面を保護して潤滑にする作用があるため消化器官では胃潰瘍や胃炎の予防・改善に効果があり呼吸器官では鼻の粘膜を丈夫にして風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくくする効果があります。
ムチンの持つタンパク質分解酵素は熱に弱いのでその効果を期待する場合には生のままか短時間の加熱にとどめるほうが良いでしょう。
害虫の可能性ですがカイガラムシは水あめのような粘性の液を出しますが害虫が葉や茎から発見できなくかつ食害がない場合はオクラの自然生理現象ですので心配はないと思います。

 

オクラの葉や茎に水滴のようなものが。 - その他(趣味) - 教えて!goo より引用


へぇ~。樹液なんですね。ムチンというんですか。初めて見る言葉です。
あ。触ってかゆくなりました。確かに。


ムチン(mucin)は動物の上皮細胞などから分泌される粘液の主成分として考えられてきた粘性物質である。粘素と訳されることもある。植物にも含まれるほか、一部の菌類も分泌する。

(中略)

ムチンを含む食品

  • ヤマノイモ、ナガイモ(ツクネイモ、ヤマトイモ)
  • サトイモ
  • オクラ
  • モロヘイヤ
  • ツルムラサキ
  • 昆布などの海草
  • 納豆
  • ナメコ
  • エチゼンクラゲ

 

ムチン - Wikipedia より引用




植物の不思議に、また一つ出会いましたね。

オクラ* おまけ *

オクラの葉がこんなに大きくなりました。
1週間前はまだ本葉が2枚くらいで、10cm程度の大きさだったのに、生長するのが早いですねー。

この写真を撮った後、手がかゆくなったんです(笑)。
ムチンが原因だったんですね。


"オクラに付いてる水滴のような粒" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
ベルメゾンネット

苗物 デイリーランキング

過去ログ